「大寒」と聞いて。

 一年で、一番寒い時期を暦で「大寒」というそうです。雪の結晶02*VividBlue †SbWebs†
けれど、わたくし大寒と聞いて、「代官山」を思い出しました。(笑)
オシャレには気をつかっている、アンです。ハート

 さーて、寒い季節もそろそろ終盤なんですねー。
とはいうものの、まだ山にはがたくさんあって、レッスン生のみんなは
スキーに行ったりしているそうです。スケートも人気です。

 レッスン音符 では、特に小さなお子さんの場合、季節の歌を歌うようにしています。
やっぱり小さいうちに覚えた歌は、おじいちゃんおばあちゃんになっても
歌えるもんなんですよ。♪

 しかも、日本には唱歌(文部省唱歌ともいいます)というものがあるのです。jumee☆school1
戦前(!)の日本で文部省が音楽の教科書に載せた歌が始まりなんですが、
これって、すごいことだと思います。
だって、日本中どこで育っていようと、学校に通って音楽の授業をちゃんと受けてれば
大人になってからいきなり、「春がきた♪ って知ってる?」と言われても
「あ~、知ってるよー。はーるが、きーた、はーるが、きーた、どーこーにー、きたー。でしょ?」と
歌えるわけです。(笑)拍手 パチパチ

 ただ、最近では学校であまり歌を歌わないところもあるようで、
曲の題名や歌い出しを歌ってみても、「知らなーい」という小さな子もいるものです。
 カナチョロ先生はレッスン中に、歌を取り入れているのには、
そんな訳もあるわけです。

やさしく弾けて美しい伴奏の 大好きな歌の本やさしく弾けて美しい伴奏の 大好きな歌の本
(2005/08/08)
石丸 由理佐藤 千賀子

商品詳細を見る


 ↑
これは、学校や幼稚園でよく歌われている曲がしっかり入っていて、値段もお手頃だし、キラキラ
伴奏も難しくないので、お家に1冊あるとパラパラめくって歌ったりできておススメです。ナイス
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

カナチョロ先生

Author:カナチョロ先生
  山形市にある
「古原ピアノ教室」のブログ
モジャモジャフワフワ、
にぎやかな毎日♪
今日も一緒に
しっぽのシンフォニーを
奏でます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード