肩とか腕とか。

 今朝、カナチョロ先生がを開けてくれ、わたくしお庭へ出たんですが、
思わず暖かくてボーっとお日様を浴びてました。ごろん
それくらい今日は暖かかったです。幸せ感じる、アンです。

 カナチョロ先生、が痛いそうなんですよ。
何かしたんですかねー。
昨日は左手首が痛いって言ってましたけど、これは腱鞘炎ぎみだったってことで
お医者さんからもらったクリームを塗って、少し休んだら回復したようです。
肩は、何でしょうねー。重いものでも持ったのかしら?ダンベル

 ピアノを弾く時も姿勢が大事だと、カナチョロ先生は言っていて
レッスン生のみんなには、自分でイスの高さを変えるように教えています。ピアノ
レッスン始めたばかりの小さな子でも、ちゃーんとイスの高さを直せますよ。おんぷ
 お家のイスには、たぶん自分しか座らないからイスを直すことってほとんどないと思うのですが、
レッスンでは、前後に年齢も身長も体重も違うレッスン生が座るので
ちゃんと自分の高さに合わせないと、ピアノがうまく弾けないことはもちろん、体調にも影響するんです。

 人間の体は、単純に言えば、いろんな臓器と200本程度のがあって、
それらを動かす筋肉があって、周りを一枚ので覆っているんです。
人間は勉強やスポーツ、ピアノや絵を描いたり多種多様なことをする生き物ですが、
動く骨や筋肉は同じです。肉球ワン
なので、使い方を間違えるとケガやトラブルになってしまうのです。

 ピアノを弾く、ということはただ手や指を動かしているように思うかもしれませんが、
腕や関節、首や背中、腰などを意識している人はどれほどいるでしょう。
無駄な緊張や動きをしていたら上達は望めませんよー。たいこ

 
 a

 体は大事にしようね!力こぶ
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

カナチョロ先生

Author:カナチョロ先生
  山形市にある
「古原ピアノ教室」のブログ
モジャモジャフワフワ、
にぎやかな毎日♪
今日も一緒に
しっぽのシンフォニーを
奏でます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード