習慣。

 すっかり寒くなりました。
ちょっとした薄着などで簡単に風邪を引いてしまう時季です。
今日、腹巻きを買ってもらった、アンです。

 さて、前回どうやったら練習時間を確保することができるかについて
わたくしの考えをお話したと思いますが、その中で大事なことを一つ。
できなかった理由を言わないです。

  ピアノの練習をしていなくて、レッスンに来るとすぐにカナチョロ先生にバレてしまいます。
で、慌てて「宿題が多かったから・・」「学校が終わって練習しようとすると友達が家へ遊びに来るから・・」などなど、
できなかった理由を言ったりします。

だーけーどー、カナチョロ先生は言い切ります。
「できなかった理由を言っても、それは言い訳です」

うん、確かに。

 厳しいかもしれませんが、できなかった理由って、できなかったっていう事実を
やんわりと肯定してしまうんですよね。いいよ、それならって。
良くないんですよ、全く。
ピアノに限らず、何かを上達したいとか、楽しみたいって思ったら
やっぱり準備しなくちゃいけないんです。
早く走りたいって思っていきなり走ってもダメ。 むしろケガしたりする。
テストで100点取りたいって思って計算とか漢字とか何回も練習してなくちゃ、
ミスしたりする。
それと同じなんですよ。

 練習する時間の作り方でポイントになるのは、
生活の中に、うまく組み込むことです。

 もし朝、ピアノの練習をしようと思ったら
この前の②、朝6時半に起きて、8時に家を出る、というのを例にとって説明してみます。
必要なのは紙とペン

 まず、自分がどんな行動をしているか書き出してみます。
しかもできるだけ詳しく書けるといいです。

6時半・・・起床
     お布団をきれいにする。
6時40分・・・洗面
       トイレ行ってから顔を洗う。
7時・・・朝食
    
7時半・・・持ち物準備
     必要な物をそろえてバッグに入れる。
7時40分・・・着替える、整容
       洋服を選んで着て、髪などセットする。
8時・・・家を出る

さて、こんな感じの朝だとしましょう。
ここにピアノの練習をどう組み込むかというと、その人それぞれの習慣や癖、好みもあるので
いろんなパターンがあります。
 例えば、起床後すぐに洗面したら身支度をしてしまうこと。
さらに時間短縮をするなら、前日の夜に着る服を決めておくこと。朝起きたら寒かった、暑くなりそうだ、
など当日の状況もあると思うので、だいたいでOK。
朝、クローゼットから「んー、どうしよう」と悩んで選ぶより断然いいです。
お部屋で着替えて、そのまま持ち物チェックもできるはず。
 もし着替えることを先にすることで朝食の時間が7時を過ぎても、心配いりません。
むしろ着替えたら、そのままピアノの練習をしてしまってもいいくらい。
 
 あと朝に練習する場合、使えるのは、テレビ
朝のテレビって、時間で内容がきっちり分かれているので、あまり興味のない内容の時間が
絶好の練習時間です。
7時35分からスポーツコーナーが始まるから練習するとか。
7時50分から練習して、55分からの占いを見る、とか。(笑)

 おっと、できそうな感じがしてきました??
あとは、実行するのみですよ!
実行するのは、自分ですからね。
いつでも相談に乗りますよ。

r
「あの~、おなかいっぱい食べても、またおなかが空くのはどうしてなの?
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

カナチョロ先生

Author:カナチョロ先生
  山形市にある
「古原ピアノ教室」のブログ
モジャモジャフワフワ、
にぎやかな毎日♪
今日も一緒に
しっぽのシンフォニーを
奏でます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード