リフレッシュ完了。

 連日、30度を超える気温を記録している日本各地です。
まだ5月なんですが、この調子で暑さが続くと野菜や水に影響が出そうで心配です。
現役スーパーモデル体型の、アンです。

ar
「みなさま、ごきげんよう。常夏のハワイから・・ではないんですけどねw」

 わたくしは案外、暑いのは平気なのですが、毎年カナチョロ先生はこの時期から
ひーひー 言っています。
冬生まれだからでしょうか。

 先日、レッスンの合間に冷えピタをして休んでいたカナチョロ先生が、
ピンポーン!と玄関に誰かが来たのでそのままの姿で出てみたら驚かれていました。
うん、冷えピタして出てきたらびっくりだよね、やっぱり。

 今年はもうレッスン室に扇風機を出して、活躍しています。
冷房はまだ早いかなぁと思いつつ、やはり暑いので、早々に冷房もつきそうな予感です。

 ピアノも調律をしてもらって、夏を乗り切ろう!というところです。
ぜひ弾きにいらしてくださいね!! 

ab1
「ここは湖ですよ~!琵琶湖!海みたいに大きい~!」

web拍手
スポンサーサイト

人口くらい集まった!

 とても良い季節になりました。
暑い日もありますが、湿気がないので快適な毎日です。

 先週末は山形にて「六魂祭」(ろっこんさい)が開催されました。
いざ、新しい東北へ。
というスローガンのもとに震災から3年経って今年は山形での開催となりました。

 まだまだ新しいお祭りです。
だから、まだまだがいっぱいあるのも事実です。
だけど、何かを始めなきゃ。何かを続けなきゃ。何かをみんなでやれるって楽しい!

bi

 カナチョロ先生は初めてブルーインパルスの飛行 を観て「おー!」を連発していました。
しかもこれって、一つ一つ名称があるのね!
「さくら」とか「スワン」とか「サンライズ」とか・・・。
すごい轟音で、びっくりしました。 web拍手

連休が終わると。

 今年も山形市では、5月8日から植木市が開催されました。
植木市の季節になると、一気に街や山の木々の緑が濃くなっていくような気がします。
今年の植木市は初日が一番晴天に恵まれていたように思います。
庭に「五葉松」を買ったので、大きく育つのが楽しみな、アンです。

 さて、ゴールデンウィークが終わると植木市もありますが、
カナチョロ先生としては、忘れてはいけないことがあります。
   コンクールの予選会が始まる季節でもあります。
一年中、何かしらのコンクールはありますが、やはりこの季節から秋にかけてが
シーズンのような気がします。

 コンクールへ出場するレッスン生は曲決めから、毎日の練習、本番前のコンディションを
整え本番を迎えるのですが、やはり本人はもちろん周りの協力が不可欠なんだなぁと
思います。
 そして、本番を経験すると、一回り大きく成長できるものだなぁとも思います。

コンクール=競争=賞を取る、という訳ではないのです。
コンクール=経験=機会(チャンス)なんだと思います。

 コンクールには賛否あると思いますが、カナチョロ先生はレッスン生はご家族の希望や
要望、疑問などを聞いて、出場するかどうか(出場させるかどうか)を決めるようにしています。

 一人一人のステージがあります。 
「音」という一瞬の芸術を表現する難しさ、厳しさ、そして美しさを!!
 
ps
「ねぇねぇ、コンクールって、たべられるもの?」 byパム web拍手

衣装も要チェック!

 今日はGW最終日でしたが、皆様いかがお過ごしでしたか?
朝は曇り空 、日中は晴れていましたが 、夕方になったら風 も出てきて
急に寒くなってきました。まだまだ山形は気温差があるものです。
GWはお出かけしなかった、アンです。

 さて、毎年GWはレッスンを休みにすることなくやっているカナチョロ先生ですが、
今日の午後はちょっとコンサートへ足を運びました。

フジコ・ヘミングさんの動物愛護チャリティーコンサートです。→HP

有名。うん、すごく有名。
一時期、TVで頻繁に取り上げられていたので、あまりクラシックを知らない方でも
知っている(耳にしたことがある)はず。

 そんなフジコさんの演奏をライブで聴ける機会だし、
動物愛護のためのコンサートだということで、カナチョロ先生も行くことに。
(フジコさんはちょくちょくチャリティーコンサートをやっています)

 ショパンとリストが中心のプログラムだったので、
そのプログラムを見たカナチョロ先生の素直な感想は、
学生時代を思い出す」だったそう・・・。

 なんでも、ショパンの練習曲やリストの曲は学生の頃に必ず勉強しなくては
いけない楽曲だったらしく、その時代のいろんなことを思い出すそうです。

 ただ、フジコさんの演奏を聴いて感動したのは、
演奏が自由なものだったこと。
演奏に幅があるというか、余裕がある。
 
実際、学生の頃にああいう弾き方をしたら先生には怒られるんですけどね。笑

なんだか、いいもんだなぁと思ったそうです。

 ドビュッシーもプログラムにあって、聴いてみると
すごく面白かったそうです。
「あぁ、きっとドビュッシーが生きてた時代に、これを初めて聴いた人たちはビックリしただろうなぁ。」
と思いつつ演奏を聴いていたカナチョロ先生です。

 そんな訳で、良い演奏に触れて
ますますレッスンが楽しく充実したものになるように
活力をいただけたそうです。

pw
「かっこいいな、フジコ・ヘミングさん」byパム web拍手
sidetitleプロフィールsidetitle

カナチョロ先生

Author:カナチョロ先生
  山形市にある
「古原ピアノ教室」のブログ
モジャモジャフワフワ、
にぎやかな毎日♪
今日も一緒に
しっぽのシンフォニーを
奏でます。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle

FC2Blog Ranking

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード